タカダイオンと免疫力

 

そもそも「免疫力」とはなんでしょうか
免疫力とは体にウィルスや病原体などの異物が侵入した時に、それら外敵から体を守ってくれる心強い味方です。
人間の目で見ることは出来ませんが、空気中には病気を引き起こす原因となる、ウォルスやカビ、病原体が非常に多漂っています。
しかし健康なときは体に害を与えません。それは体内に侵入した時点でこの「免疫力」が戦ってやっつけているからです。

 

またおたふくかぜやはしかは一度かかるとかかりにくいと言われています。これは「免疫記憶」と言うもので、免疫力は一度戦った病原体、ウィルスに対しては耐性を持ち強くなります。
目には見えませんが、24時間休むことなく私達の体を守っている。それが免疫力です。

 

免疫力は20代がピークとなりその後ゆるやかに下降し、50代では約半分にまで低下します。
しかし、最近では老化に伴うものだけではなく、そもそもの免疫力の低さが指摘されています。

 

 

飲酒・喫煙バナー

24時間社会、ストレス社会と呼ばれる現代は生活習慣の悪化を招いています。睡眠不足や食生活の偏り、運動不足や飲酒・喫煙、そして一番の大敵は仕事や人間関係に寄る過度なストレスです。
免疫力はこの様な生活習慣の悪化に寄って低下してしまいます。

 

また、非常に衛生的な生活環境が整っている事により、病原体やウィルスに触れる機会が非常に少なくなりました。
このため、幼いうちに「免疫記憶」が形成される環境がなくなり耐性がつかないため、免疫力が弱っている時に病原体やウィルスが体内に侵入してしまうと、あっという間に重症化してしまいます。

 

 

ではタカダイオンと免疫力にはどういった関係があるのか?

 

免疫力を下げる原因として不規則な生活習慣や過度なストレスを上げましたが、これらは「活性酸素」を増殖させる非常に大きな要因となります。
そして活性酸素の増加が免疫力の低下を招き、様々な病気を引き起こす原因になります。

 

タカダイオンは活性酸素を分解・除去することが出来るため、免疫力の低下を招く要因をなくす事ができ、病気の予防・改善に非常に大きな効果を上げる事が可能となりました。