タカダイオンの効果効能

 

タカダイオン(電子負荷療法)の効果とは?

タカダイオンには様々な効果が有りますが、一番の効果は【活性酸素を除去】これに尽きます。

 

タカダイオンはマイナス電子を体内に大量に、しかも効率的に取り込むことが出来ます。
体内に取り込まれたマイナス電子は、体内にある活性酸素と結びつき分解・削除させます。

 

なぜ活性酸素は身体に悪いの?

 

そもそも活性酸素とは何かご存知でしょうか?
言葉だけは知っていてもなかなか、その正体は知らないかもしれません。
まず活性酸素は誰でも発生します。人間が呼吸するうち約2%が活性酸素に変わると言われています。
しかしストレスや食品添加物の多い食生活、飲酒や、喫煙でこの割合は大きく変わります。

 

活性酸素の悪事の一例としては肌のシミです。
他には活性酸素は肝臓に負担をかけるため、疲れやすい、やる気が起きないと言った倦怠感に繋がります。

 

そして一番の悪事は血管への影響です。
近年の私達の食生活は高コレステロールに溢れています。
体内に取り込まれ血液中に溢れだした悪玉コレステロール(いわゆるLDL)は活性酸素の大好物で格好の攻撃目標となります。

 

活性酸素によって参加させられた悪玉コレステロールは、血管の掃除係と呼ばれるマクロファージがある程度は片付けてくれます。

 

血管の流れイメージバナー

しかし片付け切れなかったものやマクロファージの死骸が血管内に溜まり、血管の壁にこびりついて血管を狭くしていきます。この血管の詰まりが心臓で起きれば心筋梗塞、脳内で起きれば脳梗塞となり生命に直結します。
脳の血管が詰まるということは、脳梗塞まで行かなくても痴呆の原因となる場合もあります。
「最近もの忘れがひどいな」と思う方、歳のせいではなく、この脳の詰まりが原因かもしれません。
要注意です。

 

この様に活性酸素は動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞からガンや糖尿病までいわゆる生活習慣病の大きな要因となっております。
また自己免疫疾患から来る、アトピーや花粉症、喘息の原因にもなります。

 

タカダイオンの一番の効果は、この様に非常に恐ろしい活性酸素を分解・除去するため、上記の様々な病気の予防・改善効果を上げると共に、既に病気を患ってしまった方には、高い治癒効果を発揮します。

 

予防にも治療にも使えるタカダイオンはまさに一生ものです。
ぜひお試しください。