タカダイオンのマイナス電子効果

 

タカダイオンが活性酸素に非常に有効というお話はしましたが、ではどうしてタカダイオンのマイナス電子は活性酸素に有効なのでしょうか?

 

まず活性酸素とは「マイナス電子が1つ足りない不安定な状態」です。
この時活性酸素は足りないマイナスを補うため、正常な細胞核(DNA)に攻撃しマイナス電子を奪います。

 

正常だったDNAは電子を奪われてしまったことにより、配列の一部が狂ってしまいます。配列が狂ってしまった細胞は、ある時ガンの発生に繋がってしまいます。
いわゆる体が「錆びた」状態です。

 

では活性酸素対策はどうすれば良いのか?
最も簡単な答えは体内にマイナス電子を取り込むということです。

例えばマイナス電子をたくさん持っている抗酸化食品(ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン、ミネラル水)を取ることで体内にマイナス電子を取り込むことが出来ます。

 

しかし、現代人の食生活の現状では食品によって十分なマイナス電子を体内に取り込むことは出来ません

 

そこでサプリメント等が挙げられますが、ビタミン等抗酸化食品を一種類に偏って多量摂取することは避けたほうが良いと言われています。また食品によって摂取されものの多くはそのまま排泄されます。

 

 

滝壺バナー

 

次にマイナスイオンで有名な滝壺です。
滝壺に行くと清々しく気持ちよく感じるのは滝壺がマイナス電子で満たされているからです。
1CC辺り約15,000個程度の電子が飛んでいます。
しかしその全てを体内に取り込めるわけではないです。

 

ではタカダイオンにはどれくらいのマイナス電子を体内に取り込めるのか?
その数はなんと滝壺の1,200万倍1CC辺り1,800億個の電子をタカダイオンは放出しています。

 

 

マイナス電子を効率良く体内に取り込むためには1CC辺り20万個以上必要な事が研究により明らかになっています。

 

タカダイオンの圧倒的なマイナス電子放出数によって、体内に効率的に電子を取り込むことが可能になり、その結果非常に高い効果を上げています。